ユキ「3Dモデリング!」+1

 皆さん こんにちは! NENIです! 今日も昨日の続きをやります!

 

 参考文献

Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG』

 著者:友  キャラクターデザイン:斎藤将嗣

 

 実を言うと、昨日は本の内容をろくに読まずに作業を進めていました。なので今日は読み込もうと思います。あまり多くのことは発信できないかも...

 

 読み込み(NENIが学んだこと)

・立体化には複数の設定画が必要

・Webを考慮したポリゴン数としてのローポリ(1~5万)

 この辺りは本を描いている人のプロフェッショナルな面が見えますね!

 

 このあたりからBlender上での説明がメインになってきたので...

 NENIもBlenderを起動

 ちゃんと動いてくれるかなぁ...

 

f:id:NENI:20180429141602p:plain

 

 最初にコマンドプロンプトが出てきたので少しビビりましたが、一応起動しました。まだ最初の数ページを読んでBlenderを付けただけなのに疲れてきました(笑)。

 この後Blenderの基本的な操作(オブジェクトの移動、拡大、回転)やショートカットの説明が入りました。ここでは割愛します。

 

 お顔作り

f:id:NENI:20180430004825p:plain

 

 昨日描いたものをBlenderにドラッグしたところ、後ろに出現しました!この下書きをもとにお顔を作っていくようです。

 

f:id:NENI:20180430005851p:plain

 

 一つ上に映っていた四角形の立体を消去し、代わりに厚みのない正方形を入れます。

 

f:id:NENI:20180430010045p:plain

 

 正方形の形をお顔の輪郭にあうように変形させました。

 

f:id:NENI:20180430010139p:plain

 

 目の部分を切り抜いたあと、平面を立体にするために線を入れていきます。

 

 今日は作業量が少ないですが、これで終わりです。ご視聴ありがとうございました。

twitter.com